記事一覧

市長選、市政刷新会議が座喜味一幸氏を擁立

 






2020/11/19 09時05分配信 - 政治・行政 -

 次期宮古島市長選挙で市政刷新を目指す一部保守系とオール沖縄・革新陣営は18日午後、上野新里で人選作業の最終調整となる「市政刷新会議」を開き、行政及び政治経験などを考慮し、超短期決戦となることを理由に知名度のある前県議の座喜味一幸氏(70)を統一候補として擁立することを決定した。近く座喜味氏に出馬要請する。座喜味氏は受託すると見られる。市長選には保守系で現職の下地敏彦氏(74)が4選出馬を表明しており、座喜味氏との一騎打ちとなる見通しが強まった。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23738-1.jpg
座喜味一幸氏

ファイル 23738-2.jpg
座喜味氏の擁立を話す(左から)島尻市議、國仲県議、新里元市議=上野新里

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加