記事一覧

イタリア船が寄港第1号、クルーズ船専用岸壁

 






2020/11/18 09時05分配信 - 産業・経済 -

 ヨーロッパ最大のクルーズ会社コスタクルーズが所有する客船コスタセレーナ(イタリア船籍、約11万4500㌧、乗客数3780人、全長290㍍、全幅35・5㍍)が、2021年3月24日から8回にわたって宮古発着クルーズを設定していることが17日、明らかになった。同社日本・韓国支社長の浜岡聡一氏らが同日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、報告した。すでに完成している国際クルーズ拠点整備事業で築造した平良港北防波堤外側の専用岸壁への寄港及び旅客受入施設使用は、同船が第1号となる見通しで、ようやく供用開始となる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23733-1.jpg
来春にも供用開始見込みとなったクルーズ専用岸壁=平良港北防波堤付近

ファイル 23733-2.jpg
下地市長(手前)にコスタセレーナの運航を説明する浜岡氏(正面左)=平良庁舎応接室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加