記事一覧

「ヒアリの侵入防止を」県環境科学センター

 






2020/11/12 09時02分配信 - 科学・環境 -

 特定外来生物のヒアリの侵入定着防止に向け、識別する方法などを学ぶ研修会(主催・県環境科学センター)が11日、宮古保健所で関係行政機関等を対象に行われた。沖縄科学技術大学院大学の吉村正志さん(農学博士)がヒアリの体形の特徴から見分け方を指導。ヒアリに限らず外来種の侵入を防ぐには早期発見早期防除が重要であり、宮古でも継続的な監視、防除の実施に必要な体制の整備などを求めた。ヒアリは県内でまだ定着していないものの、侵入した際の生態系への影響が大きい外来種「重点予防種」に指定されている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23710-1.jpg
ヒアリと他のアリとの見分け方を学ぶ参加者たち=宮古保健所

ファイル 23710-2.jpg
ヒアリの特徴

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加