記事一覧

都市計画マスタープラン改定で住民説明会始まる

 






2020/11/04 09時02分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市の都市計画マスタープラン改定に伴う住民説明会が2日、下地地区を皮切りに始まった。9日まで。下地農村環境改善センターで行われた説明の参加は7人と少なかったが、市の説明をふまえて熱心に質疑応答、意見交換した。改定案は伊良部大橋の完成、クルーズ船の寄港や下地島空港開港に伴う入域観光客数の急増と開発、市役所新庁舎への機能移転などの市を取り巻く環境の変化に対応するもので、10年後の2030年度を目標年次に定めている。
続き
 市建設部都市計画課の説明によると、計画案は都市全体の構想のほか、地域別構想の「下地・上野・城辺地域」では、海・緑・歴史を活かしたふれあい地域づくりを目指し、▽生活、産業活動の中心となる地域の拠点空間づくり▽歴史・緑と調和した快適で美しい集落環境づくり▽自然、歴史、文化にふれあえる海辺の交流空間づくり―の3つの目標を掲げている。また、地域づくり方針は▽利便性の高い公共交通路線の再構築推進▽集落内道路の適切な維持管理や生活排水対策推進▽情報通信回線等整備▽主要幹線道路景観向上―などが盛り込まれている。
 住民からは「エコアイランドを銘打っているので観光地と観光地を結ぶ自転車道があっていいと思う。またサイクリングをする人が涼めるような休憩所も必要ではないか」や「前浜公園の東屋や遊歩道が荒れており、整備がされていない。宮古全体を見ても公園の遊具が壊れたまま放置されている。既存の設備を整備するのも大事ではないか。また新たなものを作っても同じことになるのでは」などの意見が出された。
 今後は各地域の住民説明会での意見をもとに作業部会、策定委員会、審議会を行い、来年4月に新しいプランが公表される。
 今後の説明会の日程は次の通り。
【伊良部】4日、伊良部公民館大ホール【上野】5日、上野公民館(改善センター)大ホール【城辺】6日、城辺公民館(改善センター)大ホール【平良】9日、平良老人福祉センター(旧中央公民館)ホール。開始時間はいずれも午後7時から、70分程度を目安に行われる。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23673-1.jpg
参加者に改定案の説明を行う市都市計画課の職員=2日、下地農村環境改善センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加