記事一覧

総合庁舎、建物本体完成

 






2020/10/29 09時05分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市(下地敏彦市長)が平良西里の元国有地で2009年4月に建設工事に着手した市総合庁舎整備事業の工事進ちょく率が、9月末現在で96%に達し、このほど建物本体が完成した。建物周辺の足場なども撤去され、外観を見ることができる。今後は周辺の外溝や造園工事、駐車場整備・舗装などが進められる。11月下旬には内部の設備や什器類の搬入が始まる。年末年始に引っ越しし、2021年1月4日の開庁を予定している。現在の分庁方式から総合庁舎に変更することに伴い、城辺、下地、上野、伊良部の4支所機能は21年4月から出張所に移行する。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23643-1.jpg
建物本体が完成し外溝や造園、駐車場整備工事などが行われている市総合庁舎建設現場=平良西里

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加