記事一覧

観光産業実態調査、宮古景況マイナス87

 






2020/10/28 09時01分配信 - 産業・経済 -

 2020年第3四半期(7~9月)の県内観光産業実態調査によると、景況判断指数(DI)はマイナス89・3と前期(4~6月)と比べて5・2ポイント改善したものの、新型コロナウイルスの影響を受けて依然と厳しい状況にあることが分かった。県文化観光スポーツ部がこのほど、発表した。エリア別で宮古は10・2ポイント改善のマイナス87・7となり、来期(10~12月)は同80・7となる見通しだ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加