記事一覧

新型コロナ、宮古島市感染者累計90人超

 






2020/10/26 21時13分配信 - 政治・行政 -

 沖縄県は新型コロナウイルスで、新たに宮古島市で25日に2人、26日に1人の感染を確認した確認したと発表した。14日連続の新規発生で累計は91人と90人を超えた。新規感染は25日が医療関係者で事務職の50代男性、県議会議員の60代男性、26日は会社員の50代男性。
続き
 宮古島市によると入院中は14人(県発表の中等症1人)、退院76人、死亡1人。26日までの直近1週間の新規感染者は15人で、人口10万人当たりは26・98人となった。91人の内訳は男性55人、女性34人、非公表2人。年代別は20代24人、30代20人と若い世代が多く、40代も17人となった。10歳未満と10代が各2人となっており、歓楽街など飲食店での感染から家族に拡大していると見られている。
 県の発表によると県内は26日、新たに29人を確認した。1日当たりの新規感染者二桁は31日連続。累計は3194人。239人の行政検査で19人、保険診療で10人の新規陽性を確認した。新規は10歳未満から90代。70代以上は2人で、10歳未満及び10代が6人だった。感染経路は17人が県内感染者の接触、12人が調査中。
 入院中は198人となり、うち重症は8人(人工呼吸器使用、集中治療室治療の国基準21人)、中等症72人(国基準59人)。宿泊施設療養中は99人、自宅療養中は27人、待機中の入院・療養調整中32人、療養中合計は356人。退院は2780人となっている。
 警戒レベル判断指標は、病床占有率が66・2%、重症者用病床占有率が45・0%。直近一週間(19~25日)の新規感染者数は242人で、人口10万人当たりは17・02人と24日連続で全国最多で、2位の東京の7・62人の2倍以上。米軍関係の確認はなかった。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加