記事一覧

久松中、島内で修学旅行

 






2020/10/24 09時01分配信 - 教育 -

 久松中学校(宮國幸夫校長)は22日から24日まで、島内を巡る修学旅行を実施している。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、修学旅行を九州から島内に変更、島の良さを再発見する機会とし雪塩ミュージアムや工場、多良川などを巡った。
続き
 初日となるこの日は、池間島をバスで周遊、雪塩ミュージアムと工場、多良川を見学し、シギラリゾートでシュノーケリングやシーカヤックを体験した。
 多良川では泡盛製造の行程をビデオ鑑賞し、洞窟の貯蔵庫「ういぴゃーうぷうす蔵」などを見学。生徒たちは泡盛が作られる工程を真剣な様子で見聞きしていた。見学を終えて、下地りのかさんは「自分が住んでいる島なのに知らないことばかりで驚いた」と話し、石嶺新子さんは「修学旅行が島内に変更になった時は残念な気持ちだったけど、巡ると新しい発見があって楽しい」と笑顔を見せた。
 宮國校長は「生徒達の安全、安心を考えての変更で新型コロナ対策を徹底して実施している」と述べ、「生徒達には自分が暮らす島の良さを再発見しながら、中学校最後の思い出づくり、絆づくりを楽しんで欲しい。また、修学旅行が生徒たちの成長に繋がればうれしい」と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23626-1.jpg
洞窟の貯蔵庫「ういぴゃーうぷうす蔵」を見学する生徒たち=多良川

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加