記事一覧

城辺幼稚園児、今年初「おはなし会」交流

 






2020/10/22 09時03分配信 - 社会・一般 -

 市立図書館城辺分館は21日、城辺地区の幼稚園児を対象におはなし会を実施した。西城幼稚園、城辺幼稚園、砂川幼稚園の3園の園児31人が参加し、物語に真剣に耳を傾けていた。
続き
 この催しは同図書館が読書月間関連行事として、園児らに読書の大切さ、図書館利用の促進を図る目的で毎年行っており、同図書館を拠点とするボランディア団体「おはなしサークルおっぱい」(狩俣ひろ子会長)が読み聞かせなどを担当している。
 この日の読まれたお話は「めっきらもっきらどおんどん」、「ジャックと豆の木」など。紙人形劇や指人形劇も披露された。
 例年なら城辺地区の幼稚園は交流会を頻繁に行っており、保育士や子ども達の貴重な情報交換の場になっているが、今年は新型コロナの影響で中止しており、このお話し会が今年初めての交流の機会という。
 この日訪れた砂川幼稚園の保育士は「子ども達のいい刺激になると思う」と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23613-1.jpg
城辺地区の園児31人が真剣に物語に耳を傾けた=市立図書館城辺分館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加