記事一覧

20年度上半期、クジャク捕獲443羽

 






2020/10/15 09時01分配信 - 科学・環境 -

 市環境衛生課は外来種インドクジャクとニホンイタチの駆除に力を入れている。両鳥獣は絶滅が危惧されているミヤコカナヘビ(トカゲの一種)などを捕食することが知られている。2020年度上半期(4~9月)は14日現在で443羽のクジャクを捕獲、また、19年度から始めたイタチも初めて1匹捕獲した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23580-1.jpg
外来種問題となっているインドクジャク=大野山林(資料写真)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加