記事一覧

県地域振興協会が美ぎ島宮古島に助成

 






2020/10/10 09時01分配信 - 未分類 -

 沖縄県地域振興協会が実施する2020年度地域活性化助成事業(第1部後期)で9日、市役所平良庁舎で行われ、「宮古島に関わりのある大人が講師となり中高校生の人材育成に取り組む」ことを事業内容として行うNPO法人美ぎ島宮古島(吉井良介代表)に助成決定通知書が手交された。
続き
 同協会は、地域振興と活性化促進に寄与することを目的とし、各種団体が行う自主的、主体的な地域づくりの取り組みを支援している。地域づくりの担い手となる人材育成や地域づくりの情報共有や活用を図るためのワークショップ、シンポジウム、講習などが対象。今回は県内10団体を採択した。限度額は30万。
 美ぎ島宮古島は、「宮古島ジモト大学校テスト運用事業」で、島内の中高校生に対して宮古島を軸に「視野の拡大。思考力強化」のきっかけを共有。郷土愛を育み、宮古島のことを自分のこととしてとらえ、考え、決定し実行する人財育成を図るとしている。
 手交式では同協会の玉那覇靖専務が「持続可能な事業となっており、がんばってほしい」と激励。通知書を受けた前里修彦理事は「(事業を)継続する第1歩としたい」と語った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23559-1.jpg
玉那覇専務(右)から通知書を受け取る前里さん(中)=平良庁舎会議室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加