記事一覧

地域安全運動で宮古出発式

 






2020/10/10 09時03分配信 - 社会・一般 -

 2020年全国地域安全運動宮古島地区出発式(主催・宮古島警察署、宮古島地区防犯協会)が9日、同署で行われた。この日は同運動全国暴力追放運動用標語の表彰式も行われ、宮古地区の入選者として9人の生徒が表彰されたほか、ちゅらうちなー安全な街づくり推進協議会会長賞の表彰伝達も行われ、1団体と1個人が表彰された。
続き
 この運動は民間団体と警察が連携し、犯罪や事故のない安全で明るく住みよい地域社会の実現を推進することを目的に1977年から毎年開催されている。
 宮古島警察署の田場義浩署長は「県内では新型コロナに乗じた犯罪などが発生しており、子どもに対する虐待や女性に対するDV、ストーカー、また飲酒に絡む傷害事件や路上寝などがあり、治安は依然として厳しい状況。地域の皆さんと一体に運動を推進したい」とあいさつした。
 宮古島地区防犯協会の前川尚誼会長は「自分たちの地域は自分たちで守るという意識高揚に皆さんの協力をお願いしたい」と述べた。
 このあと防犯協会の真壁寛樹副会長が、子ども・女性が安心できるまちづくり▽還付金詐欺や架空請求詐欺などの特殊詐欺防止対策活動▽万引き、自動車盗、車上狙い、侵入窃盗の犯罪防止活動▽未成年の深夜はいかい、飲酒、喫煙防止運動▽美(か)ぎ酒(さき)飲み運動―を推進すると力強く宣言文を読み上げた。閉会後は白バイを先頭に青色回転灯車によるパレードを実施した。
 ちゅらうちなー安全な街づくり功労・団体の部で「腰原女性会・子どもを守るパトロール隊」が、個人の部で石垣和彦さんが会長賞を受賞した。
 標語の入選者と作品は次の通り。
 【安心なインターネット社会の実現】最優秀賞=川平歩実(下地中3年)「その一言世界に広がる一瞬で」▽優秀賞=源河朱梨(砂川中3年)「考えよう私の指が凶器になるその前に」▽佳作=川根結香(下地中1年)「インターネット正しく使っていい気持ち」
 【子供・女性犯罪被害防止】最優秀賞=花城唯(西辺中2年)「ありがとういつも見守る地域の目」▽優秀賞=石垣采音(下地中1年)「あいさつでみんなの笑顔の街づくり」▽佳作=川満翔太(下地中3年)「地域の輪みんなの力で減る犯罪」
 【暴力団排除の徹底~暴力団のいない街づくり~】最優秀賞=砂川実羽音(西辺中2年)「暴力団町の力で完全排除」▽優秀賞=菊野麦(砂川中3年)「暴力団ならない危ない近づかない」▽佳作=川満悠雅(下地中2年)「暴力はやらないさせないゆるさない」
 同運動の期間は今月11日から20日まで。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23557-1.jpg
白バイを先頭に青色回転灯車によるパレードを実施した=宮古島警察署

ファイル 23557-2.jpg
全国暴力追放運動用標語とちゅらうちなー安全な街づくり推進協議会会長賞の受賞者ら

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加