記事一覧

フードドライブで郵便、市、市社協が協定締結

 






2020/10/10 09時04分配信 - 社会・一般 -

 日本郵便沖縄支社(比嘉明男支社長)は9日、宮古島市(下地敏彦市長)、同市社会福祉協議会(饒平名建次会長)と、子どもの貧困対策として家庭で余っている食品を子どもの居場所や生活困窮世帯等に提供するフードドライブ活動に関する協定を締結した。市内12カ所の郵便局にフードボックスを設置し、市民から寄付された食品を子どもの居場所などに配付していく。県内では3カ所目、先島では初めてとなり、多くの市民に理解と協力を求めている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23556-1.jpg
フードドライブに関する協定を締結した(左3人目から)饒平名会長、下地市長、比嘉支社長=宮古島郵便局2階会議室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加