記事一覧

サシバ俳句コンテスト、入賞作品決まる

 






2020/10/09 09時04分配信 - 社会・一般 -

 公益財団法人日本自然保護協会(東京、亀山章理事長)は8日、宮古島市在住の小中高校生を対象に実施した「2020サシバ俳句コンテスト」の入賞作品を発表した。大賞に狩俣遥加さん(上野中3年)の「希望のせ五輪を描く鷹柱」が選ばれた。また、同協会や宮古野鳥の会、三菱地所、ラッシュジャパンの各賞、佳作が決まった。同協会は、子どもたちにサシバへの思いを俳句にしてもらい、全国に届けようと18年からコンテストを実施。今年は小学14、中学11、高校1の計26校から895人(前年22校751人)の応募があった。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23551-1.jpg
サシバ俳句コンテストのチラシ(左端)と応募作品一部(提供)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加