記事一覧

慰労金申請受付開始、コロナ医療従事者向け

 






2020/10/08 09時04分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市は新型コロナウイルス感染拡大に伴う地方創生臨時交付金事業費で、医療従事者や児童・福祉施設関係職員に対し、1人一律5万円の慰労金を支給する支援金事業は今月から申請の受け付けを開始した。事業費は2億2400万円、対象は合計379施設、4480人を見込んでいる。
続き
 医療従事者等支援金は、新型コロナ感染症流行で医療機関の最前線に従事し、心身ともに疲弊する中で医療サービスに尽力している従事者の慰労・支援金や市民の感染防止に寄与することが目的。申請受付期限は2021年1月29日。対象は保険診療を届け出ている市内医療機関、歯科医院、訪問看護事業所、軽症者者宿泊療養施設で勤務し、10月1日時点で市住民票登録の従事者(常勤、非常勤問わず)となっている。原則として医療機関単位での申請となる。対象は55施設で1595人を予定している。問い合わせは市健康増進課(73・1978)。
 障害福祉サービス施設・事業所等勤務職員支援金支給の申請受付の期限は11月30日。市住民票登録者で施設等において7月1日から10月1日までの間、通算して10日以上勤務した者が対象。申請は施設等が必要書類を徴収して職員から委任を受けて代理申請・受領し、支援金を支給する。対象予定は22カ所の450人。問い合わせは市障がい福祉課(73・1975)。
 このほか、同市は高齢者の介護サービス事業所・施設など232カ所の従事者1517人、児童福祉施設71カ所の職員数918人に1人一律5万円を支給する予定。申請期限は11月30日となっている。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加