記事一覧

畑かん整備率63・6%、18年度末実績見込み

 






2020/10/07 09時05分配信 - 政治・行政 -

 散水機のスプリンクラーなどを設置して水利用農業を推進する宮古地区の畑地かんがい(畑かん)整備率は、2018年度末実績見込みで63・6%と県平均の48・8%を14・5ポイント上回っている。県宮古農林水産振興センターがまとめた農業基盤整備状況によると、水源整備率は79・0%と県平均62・4%を16・6ポイント上回る一方、ほ場整備は60・8%と県を1・5ポイント下回っている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23540-1.jpg
畑地かんがい事業で整備されたスプリンクラーの稼働状況=平良西仲宗根(資料写真)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加