記事一覧

県高校野球秋季大会、宮古8年ぶりベスト8進出

 






2020/10/04 09時03分配信 - スポーツ -

【那覇】高校野球の第70回県秋季大会第8日は3日、三回戦8試合が行われた。Agreスタジアム北谷の宮古対八重山の「先島対決」は3時間4分の熱戦となり、宮古が八重山を9―5で破り、8年ぶり12度目のベスト8進出を決めた。
続き
 宮古は2回表に先制を許し、0―2とリードされて迎えた3回裏、一死満塁の場面で相手の送球ミスの間に1人が生還し1点を返すと、打席に立った4番・主将の来間陽斗がセカンドのエラーを誘う強襲打を放ち、3塁走者が生還し同点に追いついた。宮古は続く4回裏に1点を追加し逆転。6回裏には3点を追加し、6―2とリードを広げた。8回裏にも3点を追加、勝利を決定付けた。
 宮古エースの新里勇人(2年)は試合前日の練習で右足首を痛め、軽い捻挫(ねんざ)だったが、6回途中まで投げ、試合終盤も再登板。計11奪三振の活躍でチームを支えた。
 宮古の平良栄二監督は「接戦に持ち込めば勝機があると生徒に伝えた」と振り返った。新里については「厳しい試合になると言ったが、よく投げた」と指摘。打線の活躍は「我慢して逆転してくれた」とたたえた。来間は「離島勢対決なので、どうしても勝ちたい気持ちがあった。(勝利は)素直に嬉しい」と話した。
 きょう4日は具志川商業と準々決勝が行われる。
 試合結果は次の通り。
八重山
 020000030-5
 00210303×-9
宮古
(八)小泉、西表、入米蔵、具志堅―赤池
(宮)新里、沖、新里―来間
▽三塁打=西表(八)
▽二塁打=西表、玉木(以上、八)、久高、新里(以上、宮)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23531-1.jpg
11奪三振の活躍を見せたエース新里=Agreスタジアム北谷

ファイル 23531-2.jpg
3回裏に試合を振り出しに戻した主将の来間

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加