記事一覧

市立図書館で市制15周年企画展、市花、鳥などパネル紹介

 






2020/09/27 09時03分配信 - 催事・イベント -

 「宮古島市制15周年記念企画展・宮古島市のこと、いろいろ」(主催・未来創造センター)が26日、市立図書館のカウンター前で始まった。市木や市鳥、交流都市など市に関する色々なことをパネルで紹介している。10月4日まで。
続き
 展示では市の花、木、花木、鳥、魚、蝶、貝の写真や、12人の名誉市民の功績、宮古島市都市宣言の内容、1965年(当時平良市)に初めて姉妹都市となった岡山県津山市、海外の姉妹都市のハワイ州マウイ郡、台湾の基隆市、全国各地の友好都市や交流都市など、提携のいきさつや交流経過の説明などを紹介している。このほか市文化財の紹介や市関係の書籍コーナーも設置。
 この日は子連れの母親が写真を眺めながら、市花(ブーゲンビレア)、鳥(サシバ)、貝(スイジ貝)などを子どもに教える姿が見られた。内容について母親は「知っているようで知らないこともあった。宮古島市歌があったのは知らなくて驚いた」と感想を述べた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23499-1.jpg
展示写真を眺める親子=市立図書館(市未来創造センター)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加