記事一覧

次期市長選、勢力の体制構築が焦点

 






2020/09/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

 任期満了に伴って2021年1月10日告示、17日投開票で執行される第5回宮古島市長選挙は、保守、革新両陣営の対立構図だけでなく、それぞれの勢力の体制構築が今後の焦点となりそうだ。前回(17年)は保革ともに分裂し、4人が立候補して激戦を展開しただけに、今後の動向が注目される。保守陣営は現職の下地敏彦氏(74)が4選出馬の意向で、開会中の市議会9月定例会一般質問初日の23日にも正式に表明する見通しだ。一方、革新系及び「オール沖縄」勢力は現時点で具体的な動きはないものの、「一本化」を目指して11月をめどに候補者を擁立するとみられる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加