記事一覧

開催可否来月判断へ、第37回トライアスロン大会

 






2020/09/22 09時05分配信 - 社会・一般 -

 宮古島トライアスロン実行委員会(会長・下地敏彦市長)は、2021年4月18日予定の第37回全日本トライアスロン宮古島大会について、10月下旬にも開催可否も含めて決定する方針だ。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で今年4月の第36回は中止となったが、国内外の状況を踏まえて総合的に判断すると見られる。競技委員会は今月上旬、大会要綱案について協議した結果、次回大会でバイクコースから来間大橋及び来間島を除外し、池間大橋及び池間島を2周から1周とし、35回大会に比べて29㌔短い123㌔とすることを確認。制限時間もゴールを午後8時半から7時半とする予定。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23472-1.jpg
第37回トライアスロン大会で除外予定となっている来間大橋での競技風景。後方は来間島(資料写真)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加