記事一覧

あいさつの心得学ぶ、中高連携でマナー講座

 






2020/09/17 09時03分配信 - 教育 -

 市立伊良部島中学校(宮城克典校長)と県立伊良部高校(大宮廣子校長)の中高連携「マナー講座」が16日、同中学校体育館で行われた。専門学校那覇日経ビジネスで講師を務める島袋旬さんと、伊良部高の卒業生で同専門学校のエアラインビジネス科に通う上地優有さん(19)が、マナーの基本としてお辞儀や挨拶、身だしなみの心得を語り、上地さんの動きを手本に生徒たちが、動作の一つひとつを丁寧に教わった。
続き
 来年4月から客室乗務員としてスカイマーク入社が内定している上地さんは「夢を持って、それに向かってビジネスマナーを身に付け精一杯努力してほしい」と述べた。
 島袋さんは「マナーとは、他人に不快な思いをさせないこと。形だけではなく、思いやりをもって互いに尊重すること。お互いが気持ちよくなることを考えてほしい」と呼びかけた。
 高校生徒会長の濱川快吏君(3年)が「この講座で学んだことを今後の生活に生かし、努力をして将来の夢をかなえたい」と述べるとともに感謝した。
 伊良部高校は伊良部島中と連携事業として様々な教育活動が行っているが、今回参加した3年生5人の卒業で閉校となる。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23453-1.jpg
上地さんと島袋さんに、学んだお辞儀で感謝を述べた濱川君(左)=伊良部島中体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加