記事一覧

来間島MG構築に着手、沖電など共同事業体

 






2020/09/17 09時04分配信 - 社会・一般 -

 沖縄電力(浦添市、本永浩之社長)など4者で構成する共同事業体は16日までに、来年夏にも宮古島市下地の来間島で「地域マイクログリッド(MG)」構築事業を開始すると発表した。約100戸の住宅がある島内北側のエリアを対象に、平常時に太陽光発電による再生可能エネルギーと蓄電池を活用し、災害などの大規模停電など非常時には宮古島からの送配電系統から切り離し、自立した電気供給体制を可能とする。11月に工事を開始し、2021年8月ごろの完成、9月ごろの供用開始を目指すとしている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23452-1.jpg
来間島MG事業が実施される住宅地エリア=展望台より撮影

ファイル 23452-2.jpg
赤い枠内が対象エリア=沖縄電力発表資料より

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加