記事一覧

県議会9月定例会が開会、新型コロナ対策に103億円

 






2020/09/16 09時05分配信 - 政治・行政 -

【那覇】沖縄県議会(赤嶺昇議長)の9月定例会が9日、開会した。玉城デニー知事が新型コロナウイルス感染症緊急対策を中心に103億9460万円を追加する2020年度第6次一般会計補正予算案など42議案を提出、説明した。宮古関係は宮古空港に化学消防車を導入する財産取得、21年3月に伊良部高校を廃止する県立高校設置条例改正など。補正後の歳入歳出予算総額は8691億1587万円と、過去最大規模を更新した。第6次新型コロナ関連予算は103億4666万円となり、5次補正分までを含めた対策費合計は1179億円。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23446-1.jpg
新型コロナウイルス対策費などを盛り込んだ一般会計補正予算などが上程された9月定例会開会初日=県議会本会議場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加