記事一覧

「宮古のゆがたい」出版、方言語りCD付録

 






2020/09/13 09時03分配信 - 文化・芸能 -

 長年にわたって宮古の民話を調査、採録してきた佐渡山安公氏=上野新里=がこのほど、子ども向けの「みやこのみんわ」第1集の改訂版として、読み聞かせ朗読と方言語りのCD2枚を付録にタイトルを変更して「宮古のゆがたい」第1集を出版した=写真=。
続き
 本書は「子どもから大人まで楽しめるように工夫」したという。文章は振り仮名で子どもにも読みやすくした。CDは調査時の語り部による方言語りが10話、読み聞かせ朗読が24話、それぞれ収録されている。表紙及び挿し絵のイラスト作者はウルカ友さん。
 内容は第1部が再話編、第2部は話者の語りをそのまま方言対訳で表記しており、佐渡山氏は「宮古語の独自性、豊かな表現を味わい、楽しんでほしい」としている。編集後記では「民話には島の人々の深い思いがある。生きてきた証でもあり、子ども達の成長に最も不可欠なもの。宮古は開発で自然が失われ、古代から受け継いだ文化も消滅の危機にある。そうした中で語りの文化を絶やすことなく続けていきたい」と綴っている。
 「宮古のゆがたい」第1集(かたりべ出版、A5判、160頁、税別1500円)の販売は各書店、島の駅など。問い合わせは佐渡山氏(76・2266)まで。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23437-1.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加