記事一覧

宮古島観光協会、コロナ予防を横断幕、のぼりでPR

 






2020/09/06 09時04分配信 - 社会・一般 -

 宮古島観光協会(下地敏彦市長)は4日、市の委託事業として制作した新型コロナウイルス感染症予防啓蒙のための横断幕を市内各地に設置した。のぼりの設置や配付も行っていく。市のイメージキャラクター「みーや」と「宮古島まもる君」が観光客、市民にマスク着用を呼びかけている。同協会では来島者、住民双方の感染防止のため予防品の配付や啓蒙活動などを行っており、感染対策が日常に定着するよう取り組んでいる。
続き
 横断幕は以前制作した啓蒙ポスターのデザインを基にマスクを着用したみーやとまもる君が描かれ「島でもマスク!みんなで守ろう!エチケットと宮古島!」「島人もマスク!島をまもる!」とピーアールしている。のぼりは赤がみーやの観光客向け、黄色がまもる君の住民向けの2種類を作った。
 横断幕は伊良部大橋宮古島口駐車場、マティダ市民劇場前、宮古郵便局交差点、第3給油所交差点、袖山入口交差点、宮古空港、下地島空港、懸垂幕を市役所平良庁舎に設置した。のぼりは空港など公共施設に設置する他、200本を事業所などに配付していく。
 同協会では新型コロナ感染予防のための対策や啓蒙活動に取り組んでおり、横断幕設置は感染予防ガイドラインやポスターの制作、事業者への感染予防品配付に続くもの。予防品の配付を受けた事業者の対策実施状況の巡回点検も行っている。予防品は511件に配付して今月2日で終了したが、近く第2弾の配付を予定。また感染対策が基準をクリアした事業所を専用サイトで紹介することも考えている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23405-1.jpg
宮古空港到着ロビーに設置されたのぼり=同空港

ファイル 23405-2.jpg
「みーや」と「まもる君」がマスク着用を呼びかける横断幕=伊良部大橋宮古島口駐車場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加