記事一覧

感染者発生は5日間休校、市教委定例会で対応確認

 






2020/07/31 09時04分配信 - 教育 -

 宮古島市教育委員会(宮國博教育長)は30日、市役所城辺庁舎で第8回目となる定例会を開いた。定例会では、学校における新型コロナウイルス感染者が発生した場合の対応などについて確認がなされた。
続き
 その中で、市は県の対策本部から示された県立学校における地域の感染レベル別の対策に準じた対策を行うことが決まった。
 今後、学校で感染者が発生した場合は、原則として濃厚接触者の特定や消毒に要する5日間程度は臨時休業となる。また、濃厚接触者が判明した場合は、感染者と最後に接触した日の翌日から起算して2週間の出席停止となる。
 宮國教育長は「今後は非常に難しい判断を迫られることが予想される」と述べた。
 定例会ではそのほか、市立幼稚園預かり保育実施要項の一部改正などの3議案が承認された。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加