記事一覧

グランプリに砂川彩夏さん、民謡コンクール

 






2020/07/15 09時03分配信 - 文化・芸能 -

 宮古民謡協会(砂川正之会長)は12日、未来創造センターで第22回民謡コンクール(三線と箏曲)を開催した。10歳から77歳までの参加者が琉装を身にまとって課題曲に挑み、三線では砂川彩夏さん(16)がグランプリに輝いたほか、新人賞が11人、優秀賞が12人、最高賞が7人合格した。箏曲では新人賞が2人、優秀賞が1人合格した。
続き
 三線での出場者は新人賞部門が「なりやまあやぐ」「豊年の歌」「米のあら」、優秀賞部門が「豆が花(二揚げ)」「酒田川」「家庭和合」「池間の主」、最高部門が「とうがにあやぐ」「多良間ションカネ」「鏡原馬場」のそれぞれの課題曲から選び、グランプリ部門は「伊良部とうがに」に挑んだ。
 4度目の挑戦でグランプリに輝いた砂川さんは「これまで私を支えてくれた両親や先生に感謝の気持ちでいっぱい。この感謝の気持ちを忘れず、今後は何事にも挑戦したい」と喜びを語った。
 この日、審査委員長を務めた村吉順榮さんは「伊良部とうがには宮古民謡の中で非常に難しい曲。砂川さんは相当稽古したに違いない。もっと研究して素晴らしい歌い手になってほしい」と期待した。
 合格者は次の通り。
【三線】グランプリ=砂川彩夏▽新人賞=宮國美千代、髙橋香絢、我那覇寿、国吉元希、盛島力三、川満美生、金城友一、土方美穂、増田愛、谷口彩香、峰岸海▽優秀賞=上原博子、宮國彌太郎、仲里奏音、友利梨絵子、我那覇翔子、河野博、川満愛莉、小畑芳弘、宋佳怡、仲宗根初枝、松久めぐみ、与儀杏珠▽最高賞=小寺功、永井則行、長畑佳子、根間萬明、川満早妃、下地幸江、友利靖則
【箏曲】新人賞=平良星南、川満結莉奈▽優秀賞=川満愛莉

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23169-1.jpg

ファイル 23169-2.jpg

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加