記事一覧

初の専門学校22年春開校、市が知晴学園と協定

 






2020/07/15 09時04分配信 - 教育 -

 宮古島市(下地敏彦市長)と琉球リハビリテーション学院(金武町)を運営する智晴学院(儀間智理事長)は14日、市役所平良庁舎で高等教育機関(専門学校)設置の取り組みについて協定を締結した。2022年4月に旧市中央公民館(現平良老人福祉センター)を増改築して開校を目指す方針だ。同市で高校以上の教育機関が設置されるのは初めて。同学園は、観光に医療福祉の知識を持った人材育成という新しい形の学科を目指すとしており、当初は2学科80人(2年間)を募集する計画で、9月までに学校名を含めて公表するとしている。下地市長は協定締結に「画期的なこと。(若者流出など)本市の課題解決のため素晴らしい機関を協力してつくり上げたい」と述べた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23168-1.jpg

ファイル 23168-2.jpg

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加