記事一覧

少年サッカー地区大会で久松FC優勝

 






2020/07/08 09時01分配信 - スポーツ -

 2020年第40回新報児童オリンピック少年サッカー大会宮古地区予選(主催・宮古サッカー協会)の決勝トーナメントが5日、伊良部カントリーパーク陸上競技場で行われた。予選リーグを勝ち抜いた4チームが熱戦を展開した結果、決勝で久松FCがインデペンディエント相手に大渕楓斗(3年)がFK、PKで2ゴールを決めチームを優勝に導いた。
続き
 久松FC主将の平良希龍(4年)は「コロナの影響であまり練習できなかったけど、試合では声かけをいっぱい頑張った。キーパーが頑張ってくれたから勝てた」と語った。 
 表彰で協会の宮国敏弘会長は「緊急事態宣言で練習はできなかったと思うが、4カ月ぶりに大会が開催できたのは日頃皆さんが手洗い、うがいを頑張ってくれたおかげ。出場選手みんなに感謝する」と選手らをたたえた。1、2位のチームは8月8、9の両日に県大会に代表として出場予定。
 結果は以下の通り
【準決勝】インデペンディエント1―0下地FC、宮古南FC0―6久松FC
【3位決定戦】下地FC6ー0南FC
【決勝】インデペンディエント1ー2久松FC

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23140-1.jpg

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加