記事一覧

高校夏季総体開幕、自転車競技で熱戦展開

 






2020/06/30 09時03分配信 - スポーツ -

 2020年度宮古地区高校夏季総合体育大会(主催・地区高体連)は28日、自転車競技で幕を開けた。平良の成川地区の特設コースで行われた同競技では、個人タイムトライアル、個人ロードレースともに男子は南風原凜之介(宮古工業)、女子は伊良部悠妃(宮古高校)が優勝した。
続き
 今大会は成川地区に許可を得て1周1・6㌔のコースを設置し、宮古高校と宮古工業高校の2校から男子7人、女子3人の選手が出場した。男子がコース25周、女子が10周を競う個人ロードレースでは一般参加者も加わり、迫力のレースを展開した。
 コースを1周して競う個人タイムトライアルの男子の部では、2人の選手が第2コーナーの濡れた土にタイヤを取られ、落車するという事故もあった。
 結果は次の通り。
【個人タイムトライアル】男子▽優勝=南風原凜之介(宮古工業)2分31秒89▽準優勝=大島匠泰(宮古高校)2分39秒97▽3位=石嶺要芽(宮古工業)2分52秒09▼女子▽優勝=伊良部悠妃(宮古高校)3分12秒10▽準優勝=下地梨里愛(同)3分25秒01▽3位=薩摩琉歌(宮古工業)4分2秒71
【個人ロードレース】男子▽優勝=南風原凜之介(宮古工業)▽準優勝=宮国塁(宮古高校)▽3位=石嶺要芽(宮古工業)▼女子▽優勝=伊良部悠妃(宮古高校)▽準優勝=下地梨里愛(同)▽3位=薩摩琉歌(宮古工業)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23102-1.jpg
自転車で白熱したレースを展開する選手ら=28日、成川地区特設コース

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加