記事一覧

ドラゴンフルーツ一夜限りの大輪の花

 






2020/06/28 09時03分配信 - 科学・環境 -

 真夏日が続く中、夏の果実として親しまれているドラゴンフルーツ(サボテン科)の花が各地の栽培ほ場や民家庭などで咲いている。26日も一斉に咲いているのが確認された。花は一夜限りに咲き、翌朝にはしぼむ。収穫もこれから本格化することになる。
続き
 ドラゴンフルーツは、原産地の中南米ではピタヤ(ピタハヤ)とも呼ばれるサンカクサボテンの果実の総称。ベトナムから中国に輸出する際の中国語を英語にしてドラゴンフルーツと呼ぶようになったという。
 今期は5月ごろから花を咲かせはじめており、7月に入ると開花のピークを迎えそうだ。つぼみは夕闇に包まれる午後8時ごろから開きはじめ、深夜になると30~40㌢にまで真っ白な花びらを咲かせ、辺り一面に芳香を放つ。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23096-1.jpg
一夜限りに真っ白な花を咲かせるドラゴンフルーツ=27日午前0時ごろ平良東仲宗根

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加