記事一覧

市のコロナ支援で一人親世帯に1億円計上

 






2020/06/12 09時02分配信 - 産業・経済 -

 宮古島市(下地敏彦市長)は11日、6月の2020年度一般会計補正予算案に計上した新型コロナウイルス感染症対策費用の予備費6億円について、1億円を低所得の一人親世帯の臨時特別給付金、国の地方創生臨時交付金分事業分を5億円と見込んでいることを明らかにした。同日の宮古島市議会6月定例会の提出議案に対する質疑で、宮国高宣総務部長が説明した。島尻誠氏への答弁。取材に対し同市は5億円については今後、農産物輸送や観光関連など新型コロナの影響による経済対策などについて検討する方針を示した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23026-1.jpg
一般会計補正予算など上程議案の説明、質疑が行われた市議会6月定例会初日=平良庁舎6階本会議場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加