記事一覧

シーズン到来、オクラの日PR

 






2020/06/07 09時01分配信 - 産業・経済 -

 6月6日の「オクラの日」にちなみ、JAファーマーズマーケットあたらす市場ではオクラフェアーを行っている。これから旬を迎える地元産の新鮮なオクラを1袋「66円」の特価で販売。ヘルシーな夏野菜のシーズン到来をピーアールしていた。フェアーはきょう7日も行われる。
続き
 宮古島市はオクラの県拠点産地に指定されており、例年ならJAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会オクラ専門部会と消費拡大キャンペーンを開催し、特売や料理の試食・紹介などを行っているが、今年は新型コロナウイルスの影響によりイベントは自粛し、店独自での特売のみとなった。
 同店の狩俣直子店長は「これから収穫量も増えていき、暑さとともにおいしくなっていく。イベントはできないが『オクラの日』の節目は大切にしたい。消費者にオクラのシーズンが来たことを知ってもらいたい」と話した。またオクラの他にもゴーヤーなど地元の野菜を豊富に揃え、スイカやパッションフルーツなど果物の入荷も増えているという。
 「オクラの日」は同部会がオクラ特有のねばり・ネバネバの宮古方言「ムツムツ」に語呂を合わせ、生産の最盛期に向かう6月6日を制定した。オクラはビタミンやカリウム、鉄分、カルシウムが豊富で、ネバネバに含まれるペクチンなどの成分は整腸作用が期待できるという。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 23002-1.jpg
「オクラの日」にちなみ66円で特売される宮古島産オクラ=JAあたらす市場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加