記事一覧

消費促進と企業支援を要請、社交飲食業組合

 






2020/06/05 09時03分配信 - 産業・経済 -

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための営業自粛から再稼働したものの飲食店への客足が戻らないことから、宮古島社交飲食業組合(奥平玄信組合長)は4日、下地敏彦市長に市民への外食・遊興消費行動の促進、また新型コロナの影響を受けた地元企業への支援を要望した。市はすでに事業者経営支援助成金を実施しているが、さらに6億円規模の対策費を準備している。また、同組合では新型コロナウイルスと闘っている医療従事者を支援するための募金も開始した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 22990-1.jpg
下地市長に消費行動の促進、企業への支援などを要請する社交飲食業組合の奥平会長(左3人目)=市役所平良庁舎

ファイル 22990-2.jpg
医療従事者を支援する募金も始めている

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加