記事一覧

いらぶ大橋海の駅、来月1日オープンセレモニー

 






2020/05/29 09時02分配信 - 産業・経済 -

 伊良部大橋の伊良部島側に整備された「いらぶ大橋海の駅」を指定管理する伊良部島産業振興(奥濱剛代表)は27日、6月1日の施設のオープンについて概要を発表した。当日は午前10時から県及び市、同社関係者によるセレモニーに続いて、1階の土産・物産フロアと2階のレストランが営業開始する。
続き
 いらぶ大橋海の駅は、売店とレストラン、観光案内の施設をはじめ、イベントや眺望広場、トイレ(整備予定)、3カ所の駐車場(乗用車50台、大型バス4台)で構成される。レストランや眺望広場からは美しい海、伊良部大橋、宮古本島など雄大な景色を楽しむことができる。
 施設は午前9時~午後6時(年中無休)の営業で、レストラン(80席)ではワンランチプレート、かつおソバ、タコライス、地元素材(かつお節、かつお味噌、海ぶどう、モズク)によるオリジナルソフトクリーム、土産・特産品フロアでは鰹なまり節、とびだい、黒糖アイス、さとうきび糖蜜カステラ、うずまきサンド、泡盛などを扱う。6月1日から3日はオープン記念として、通常価格1600円のランチバイキングを1300円で提供する(午前11時半~午後3時)。
 観光案内は土産コーナーに隣接し、島内観光・商業施設、地域産業情報を発信し、「島民の人情に触れあう交流の場」となるとしている。イベント・眺望広場は観光客と島民の出会い、交流の場となるよう今後、年間を通して行事を展開。イベントなどでの貸切利用(料金あり)のほか、季節イベントの無償提供も可能としている。
 オープン後の問い合わせは、いらぶ大橋海の駅(78・3778)。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 22960-1.jpg
6月1日にオープンする「いらぶ大橋海の駅」の看板(左)と施設=伊良部池間添

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加