記事一覧

宮古島市史の祭祀編と自然編発刊

 






2020/05/29 09時03分配信 - 教育 -

 宮古島市教育委員会(宮國博教育長)は「宮古島市史」の「2巻・祭祀編(中)悉皆(しっかい)調査」と、「3巻・自然編(第Ⅰ部)みやこの自然・別冊」をこのほど発刊した。28日に市役所城辺庁舎で会見が開かれ、関係者が発刊を報告した。
続き
 祭祀編は平良地区を対象に、23地域の340以上の祭祀が網羅されており、祭祀ごとに目的や方法、由来などが掲載されている。
 自然編は昨年刊行された本編を補完する位置づけで、宮古島の地形や地質、植生などが図で分かりやすく解説された「ビジュアルみやこの自然」と、宮古諸島で確認された8876種の動植物が掲載された「宮古諸島生物目録」からなる。
 宮國教育長は「沖縄だけではなく、国内外に宮古島の豊かさを発信することができる重要な2冊。多くの皆さんに読み継がれていくことを願っている」と期待した。
 市史編さん委員会の下地和宏委員長は、祭祀編について「調査員による努力が反映されており、ここまで詳細な資料はこれまでになかったものと思われる。非常に意義ある資料」とアピールした。
 自然編小委員会の久貝勝盛委員長は、自然編について「宮古島の自然の素晴らしさを深く理解するとともに、自然の大切さを子ども達に教えるきっかけになればうれしい」と述べた。
 これらの資料は各400部発刊され、29日から、市内のブックスきょうはん宮古南店、TSUTAYA宮古島店で発売される。祭祀編が5000円、自然編が2000円(いずれも税込み)となる。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 22959-1.jpg
「宮古島市史」の「2巻・祭祀編(中)」(右)と「3巻・自然編(第Ⅰ部)みやこの自然・別冊」

ファイル 22959-2.jpg
発刊を報告する(左から)久貝、下地両委員長と宮國教育長=市役所城辺庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加