記事一覧

きょうから20日まで休校コロナ対策で市教委

 






2020/04/07 09時05分配信 - 教育 -

 市教育委員会(宮國博教育長)は6日、市役所城辺庁舎で記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症対策とし、きょう7日から20日まで、市内すべての幼・小・中学校を臨時休校すると発表した。これにより、各校入学式も延期となった。多良間村の幼・小・中学校では規模を縮小し、きょう、あす入学式、始業式を実施。10日までは通常通り、その後については、国・県の動向を踏まえ判断、検討する。
続き
 県教育委員会は県内の新型コロナウイルス感染症の患者が増加傾向にあること、感染経路が追えない症例が報告されたことを踏まえ、きょうから2週間程度、県立学校の一斉臨時休校を実施し、各市町村にも地域や学校の実情を踏まえ、適切な判断を依頼した。これを受け、市教育委員会では同日、第1回宮古島市教育委員会(臨時会)で対応を検討し、休校措置を決定した。
 臨時会では春休み期間中に県外に出掛けたことのある児童・生徒の報告が6、7件あることや、県外からの転入生が50人以上いることが説明された。委員からも「学力面での心配はあるが県の感染拡大の状況について宮古でもある程度の経過措置が必要」という意見で一致した。
 このほか、幼児、児童、生徒及び教育関係者等が新型コロナウイルスに感染した際の対応とし、感染が分かった翌日から市内全校で2週間の一斉休校を実施することや、症状がない児童・生徒が登校したことがわかった場合は、保健所と相談し、休校の規模や期間を検討することを確認。休校中の学力面の遅れを補うための家庭学習の方法は各校や各学年教科に指導していくとした。
 学校給食共同調理場の職員が感染した時は、発生調理場のみ臨時休業し、調理区域の学校の給食は休止となる。その場合に午前中のみの短縮授業にするか、弁当を各家庭で持参するかは今後、校長会などで検討する予定。調理場へ納品している業者が感染した場合については接触の程度などを踏まえ保健所の判断を仰いでいく。
 このほか議案とし、城辺地区統合中学校整備事業の経緯や今後の予定が報告された。
 記者会見で宮國教育長は「新入学、進級で期待に胸を膨らませていることを思うと残念な気持ちだが、園児・児童・生徒の健康を第一に考えた上での臨時休校措置なのでご理解を願いたい。また、通常の長期休暇ではないことを保護者には理解してもらい、危機感をもち、不要不急の外出は避け、慎重な行動をお願いする」と話した。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加