記事一覧

入学式縮小、修学旅行延期~宮古島市教委指針

 






2020/03/31 09時04分配信 - 教育 -

 市教育委員会(宮國博教育長)は30日、市役所城辺庁舎で記者会見を開き、間もなく始まる新年度のスタートを前に、新型コロナウイルス感染拡大防止を最優先とした学校教育活動の実施について、4つの指針を示した。
 記者会見には、下地信男教育部長、学校教育課の垣花秀明課長も同席した。宮國教育長は「休業期間中の県外や国外への海外旅行等があったという事例報告も受けている。各家庭においても危機感を持ち対処してほしい」と話した。
続き
 指針は、教育課程については各学校で換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発声が同時に重なる場を避けるとともに、手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策及び学校医や学校薬剤師と連携した保健管理体制を確認し、万全な感染症対策のもとで実施するとし、5月から市内全小中学校に設置、運用開始されるクーラーについても計画的に教室及び室内の換気を行うとした。
 入学式や始業式の実施については、参加人数を抑え時間を短縮するなどの規模縮小実施を求め、1学期に修学旅行や運動会などの実施を計画している学校について2学期以降に延期し、2学期の実施計画も流動的な日程であることを各関係機関と共有するとした。
 部活動・対外試合等については自校や所属チームにおいての活動のみとし、対外試合等は自粛を継続する。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 22700-1.jpg
4つの指針について説明する宮國博教育長(右)と下地信男教育部長=市役所城辺庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加