記事一覧

飯島バレエスクール 練習の成果 堂々披露

 






2020/02/02 09時03分配信 - 文化・芸能 -

 沖縄本島と宮古に教室を持つ飯島バレエスクール宮古支部の第13回発表会」が1日、午後5時から市未来創造センター多目的ホールで開かれ、大人から幼児まで70人余の出演者が日頃の練習の成果を披露し、大きな拍手を受けた。
続き
 飯島バレエスクールは飯島礼子さんが那覇市に開設。宮古でも23年ほど前から教室を開設し、多くのバレエダンサーを輩出した。
 今回の発表会は5年ぶりの開催。会場には大勢の観客が訪れた。
 最初の演目は「『ラ・パヤデール』より抜粋」。14人のダンサーが優雅に踊る様子は、観客をバレエの世界に誘った。次いでフロリナ王女のバリエーションなど1人の出演者による5つの小作品が代わるがわる披露された。
 会場が湧いたのは「おもちゃのチャチャチャ」を披露した幼児4人の登場。軽快なリズムに乗って軽快に踊る幼いダンサーに大きな拍手が送られた。続いてバレエの小作品の中でも有名な「瀕死の白鳥」を6人のダンサーが披露。大人の演者の息の合った演舞に魅了されていた。
 第2部では「眠れる森の美女」より第2幕を披露したほか子どもたちによる演舞などが披露され、観客を楽しませた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 22443-1.jpg
日頃の練習の成果を発表した飯島バレエスクール宮古支部発表会=市未来創造センター多目的ホール

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加