記事一覧

平良中吹奏楽部県アンサンブルコンテスト2団体が金賞

 






2019/12/18 09時03分配信 - 文化・芸能 -

 市立平良中学校吹奏楽部(上地心陽部長)は17日、同校校長室で記者会見を開き14、15の両日にうるま市の芸術劇場響ホールで開催された沖縄県アンサンブルコンテストで金管7重奏、サックス5重奏で金賞を受賞したと報告した。
続き
 大会を振り返り上地部長は「心配していたが高得点をもらい、金賞をとることができうれしかった。練習を通し、仲間との絆も深まり、技術のレベルアップも図れた。次の吹奏楽コンクールに向け頑張っていきたい」と話した。顧問の下地健作教諭は「2団体とも練習からまとまりがあった。お互いの弱点をカバーし合い雰囲気も良く、練習に素直に一生懸命取り組み相乗効果が図れた。そのことが結果として金賞につながったと思う」と生徒らをたたえた。
 同コンテストには県内の中学校から93組が出場した。サックス五重奏の座間味奏愛(そあ)さん(1年)、鋤柄琉(るい)さん(同)、下地絵梨子(2年)、直榮城琉々(るる)さん(同)、古謝野乃さん(同)は県代表とし、九州大会への出場権を獲得した。大会までに音の形を整え、テンポを速くし、上位入賞を目指す。
 また、20日にマティダ市民劇場で行われる同部の「定期演奏会」への来場を呼びかけた。演奏会は午後6時会場、6時半開演で入場料は無料。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 22258-1.jpg
笑顔で受賞報告と20日のコンサートの告知を行う吹奏楽部のみなさん=市立平良中学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加