記事一覧

ハーモニーの美しさを競う

 






2019/11/12 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 北中学校(友利直喜校長)で10日、同校体育館で合唱コンクールが行われ、各学年各組の生徒たちが日頃の練習の成果を披露した。
 同コンクールは「教育の日」関連行事の一つとして行われたもので、あわせて学力向上の成果報告も行われた。
続き
 会場には生徒たちの日頃の活動の成果として研究レポートや書道などの作品の数々が展示され、多くの父母が詰めかけ熱心に見入るなど、関心の高さを示した。
 また、合唱に先立ち学力向上の報告も行われ、グラフを用いて全国、県の数値と比較する形で同校の学力の現状と課題が示された。
 続いて合唱コンクールに移り、2年生のクラスを皮切りに1年、3年と順に舞台に立ち、思いを込めたハーモニーの数々を披露した。
 コンクールは地区大会出場チームの選出も兼ねていることもあって、各組とも高い集中力で声を合わせ、ハーモニーの美しさを競った。その真剣な歌声に静かに聞き入っていた父母たちは、日頃見かけることの少ない我が子の表情に感じ入った様子で盛んにスマホのカメラを向けていた。
 結果、1年は金賞に3組、銀賞に4組、2年は金賞に1組、銀賞に3組、3年は金賞に1組、銀賞に2組がそれぞれ選ばれ、その中から学校代表となるグランプリは3年1組が獲得した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 22100-1.jpg
日頃練習したハーモニーの美しさを競った=北中学校体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加