記事一覧

市民総合文化祭の写真部門、村田美紀さん「記憶」が金賞

 






2019/10/17 09時02分配信 - 文化・芸能 -

 宮古写真協会(翁長靖夫会長)は16日午後、第14回宮古島市民総合文化祭写真部門の審査会を未来創造センターで実施した。会員らが市内各地から応募された122点を審査した結果、村田美紀さん(42、市平良久貝)の「記憶」が金賞に選ばれた。その他の審査結果は後日発表する。
続き
 この日は午後1時から審査を開始。同協会の與那覇昇副会長と市文化協会の大城裕子会長らが一般の部に応募された102点、ジュニアの部の20点を審査し、一般の部の金・銀・銅賞とジュニアの優秀3点、入選5点を選出した。
 與那覇副会長は「今回も宮古の写真愛好者の皆さんが人物や風景など様々なジャンルの作品で応募してくれた。年々撮影技術が向上しており、独自の感性で子供たちの表情や自然の美しさを捉えている」と感想。村田さんの作品を「洞窟に入り込んだ一筋の光で人物が浮きたった様子を捉え、神秘性に富んだ作品となっている。撮影技術の高さがうかがえる」と講評した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21984-1.jpg
一般の部金賞=村田美紀 「記憶」

ファイル 21984-2.jpg
応募された市民の力作を審査する宮古写真協会の会員ら=市未来創造センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加