記事一覧

宮古島の神と森を考える会シンポ

 






2019/10/14 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 宮古島の神と森を考える会(居駒永幸会長)と来間自治会(大浦邦夫会長)主催の第26回講演、シンポジウムが「来間の神・人・自然」をテーマに13日、来間離島振興総合センターで行われた。居駒会長が来間島の最大行事「ヤーマスウガン(祖神)」の祭儀について解説。これを受けたパネル討論では、ツカサやユーザスの神役が高齢化により難しい局面を迎えていることから「来間の祭祀の現状と課題~祭祀のあり方を考える~」で意見を交わした。現状を踏まえ、継承へ向けては「祭祀を守りたいという強い意思と、(女性中心の)祭祀を支えるためには男性の役割が大事」との意見が出た。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21974-1.jpg
パネル討論では「来間の祭祀の現状と課題」のテーマで意見を出し合った=来間離島振興総合センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加