記事一覧

ひららスポーツクラブが一部損壊の体育館清掃

 






2019/09/08 09時01分配信 - 社会・一般 -

 総合型ひららスポーツクラブ(仲間源栄会長)は6日、台風の影響で屋根が一部損壊した市総合体育館のガレキの清掃を行った。

 約20人が参加した。床にはガレキが散乱し、5㍉程度の雨水がたまり、参加者は、ほうきやモップも使って掃除していた。
 仲間会長は「報道で被害を知った。日頃世話になっているので役に立てないかと思い、会員に呼び掛けた」と話し、各班に連絡した喜納さん(71)は「参加できる方は掃除に来て欲しいと呼び掛けた。使えないことがショック。毎週火・金のラージボールだけが楽しみ。一日でも早く使いたい」と語った。
 一般社団法人宮古島市スポーツ協会会長の砂川恵助会長は「これぞ、スポーツ精神だ」と感謝していた。
 参加者は、チームワーク良く作業を進め、40分間ほどで大方のガレキを処理。プレーに支障のない状態になった。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21813-1.jpg
ガレキの掃除をする総合型ひららスポーツクラブの会員ら=6日、市総合体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加