記事一覧

朝日大学が公開講座「卓球クリニック」開催

 






2019/09/08 09時04分配信 - スポーツ -

 朝日大学公開講座「第3回卓球クリニックin宮古島」(主催・朝日大学、共催・宮古島市、宮古島市教育委員会)が7日、宮古高校で開催され、小・中・高生及び父母含めた約30人が参加した。
続き
 同大学体育会卓球部の米塚雅弘監督は「子どもたちは目を輝かせている。短い時間だが、有意義に使ってほしい」と語り、指導した佐藤佳輔さん(卓球部・法学科2年)は「参加は初めて。卓球の楽しさを伝えたい。一人ひとりに合った方法で指導したい」と語っていた。
 卓球の全国大会出場が決まっている方祥人くん(小6)は「卓球が好き。小2から始めている。今回の講座で自分の駄目なところを直したい。全国大会に向けて昨年は、1回戦で逆転負けしたので、2回戦まで勝ちたい」と意気込む。
 宮古高校卓球部の根木貴光監督は「大学の協力もあり、昨年くらいから宮古地区は、小学生から高校生まで県の卓球大会で優勝するようになり、良い流れが出来てきている」と高く評価していた。
 朝日大学は、宮古島出身の歯学科生がいるなど古くから交流があり、これまでラグビー、バレボールを指導、近年は卓球に力を入れている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21810-1.jpg
朝日大学の卓球部が地元小学生に実践指導を行った=宮古高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加