記事一覧

ゴルフで交流深める

 






2019/09/04 09時03分配信 - スポーツ -

【那覇支局】在沖宮古郷友連合会(福里栄記会長)主催のゴルフコンペが8月30日、西原町の沖縄カントリークラブで行われた。県内各地から宮古出身者や、その友人ら40組・約155人が参加し、真剣かつ和気あいあいとプレーを満喫していた。
続き
 始球式は琉球新報社会長の富田詢一さん、大建不動産商事社長の我如古源さん、宮古新報社会長の松川吉雄さん、在沖宮古郷友連合会前会長の古波蔵和夫さん、現会長の福里栄記さんにより行われた。
 大会は山城巧さんの優勝で幕を閉じ、終了後には懇親会が開かれた。古里に思いを馳せながら交流を楽しみ、同郷の絆も深め合った。
 大会実行委員長の下里博次さんは「多くの方の協力に感謝したい」と話した。「いろんな方が楽しめる大会」を目指し、さらなる交流の広まりや来年の大会開催にも意欲を見せた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21797-1.jpg
和気あいあいとゴルフのプレーを楽しんだ郷友ら=8月30日、西原町の沖縄CC

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加