記事一覧

判決後も主張許されない

 






2019/09/04 09時05分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市議会(佐久本洋介議長)の9月定例会が3日、本会議場で開会し、市当局が提出議案など50件について説明した。このうち市民6人を名誉毀損で訴える訴訟案の提出について、下地敏彦市長は終了後、記者団に「市民が、市がおかしいのではないかと提訴するのは当たり前のことだと思うが、最高裁での決定後にもなお、市が間違っているというような主張を続けるのはおかしい。法治国家として許されないということだ」と改めて強調した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21794-1.jpg
開会した市議会9月定例会で、50件の提出議案を説明する下地市長(壇上)=市議会議場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加