記事一覧

第10回エコマラソンTシャツ、高木さんデザインに決定

 






2019/09/03 09時01分配信 - スポーツ -

 エコアイランド宮古島マラソン実行員会(実行委員長・長濱政治副市長)は2日午後、宮古島観光協会で記者会見し、11月3日に開催される第10回大会の参加記念Tシャツ、完走記念タオルのデザインを発表した。Tシャツは高木基継さん(宮古島市)の「宮古愛!」と題した作品を採用した。また、タオルはご主人が市平良出身という山里美紀子さん(浦添市)の作品「Smile!FINISHERS!」が選ばれた。
続き
 また、ことしも参加選手が大会を通して宮古島の美しい自然を満喫するとともに、感動のゴールを演出してもらおうと、「パフォーマンス賞」を設けると発表。完走者が対象で、▽コスプレ賞=コスプレで参加した人▽パフォーマンス賞=ゴール手前(競技場)でパフォーマンスをした人▽特別賞=他2部門に当たらない人―の3部門で、各1人を選定し賞状・副賞をふれあいパーティーの中で贈呈する。
 会見の中で、長濱副市長は「今回から伊良部大橋を外さねばならずコースを変更したが、それに負けないコースで参加者を迎えようと考えている。6日が締め切りと間近に迫っている。この会見を通して第10回大会をPRしていきたい」と述べ、さらなる応募を呼びかけた。
 大会事務局によると同日現在の申込者数はフルマラソンが582人、ハーフマラソンが566人、10㌔が248人、5㌔が81人の計1477人となっている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21793-1.jpg
第10回大会のTシャツデザイン等を発表し、多くの参加を呼びかける長濱実行委員長(中央)ら=宮古島観光協会

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加