記事一覧

マイナンバーカードの普及停滞市の取得率は10%

 






2019/08/29 09時05分配信 - 政治・行政 -

 「マイナンバーカード」の普及が停滞している。2016年1月に「マイナンバー」制度がスタートしたが、全ての国民に関係するにもかかわらず3年以上経た現在も全体の8割以上が未取得となっている。宮古島市においても同様な状況で、市のまとめによると4月1日現在、総数(人口)54442人に対し、交付枚数は5707枚で、交付枚数率は10・5%。いまだに「何に使うのか」「どう扱っていいのか」という市民も多く、セキュリティへの漠然とした不安等もあって、これら解消なしには現状が続きそうだ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21768-1.jpg
多くの市民が多様な行政サービスを受けるもマイナンバー利用は少ない=平良庁舎市民課窓口

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加