記事一覧

省エネ事業補助金説明会

 






2019/08/23 09時04分配信 - 政治・行政 -

 沖縄県(玉城デニー知事)が観光関連施設等への省エネルギー設備導入費用を助成する2019年度「おきなわ型省エネ設備等普及事業補助金」の説明会が22日、県宮古合同庁舎で行われた。対象施設の担当職員らが参加し、県環境部環境再生課環境対策班の柴尾秀貴主査らの説明に真剣な表情で聞き入っていた。
続き
 同補助事業は、二酸化炭素の削減を図るために観光関連施設等における省エネ設備等の導入普及拡大に取り組むことを目的としている。公募期間は9月13日まで。10月中旬ごろに交付決定する予定。
 補助率は、省エネルギー設備や再生可能エネルギー設備、その他環境対策に資する設備の導入に、沖縄本島が3分の1、離島が2分の1となっている。補助対象施設は沖縄振興特別措置法に定める施設で、ホテルやボウリング場、結婚式場、遊園地、研修施設などとなっている。補助金額は、補助対象経費の多寡に関わらず上限2000万円。補助金が計100万円かつ補助対象経費300万円(離島200万円)に満たない場合は申請不可となる。
 この日は、ホテル関係や設備会社、コンサルなどの担当職員が同補助金公募要領などについて説明を受けていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21743-1.jpg
補助金の公募要領など説明が行われた=県宮古合同庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加